2009年11月23日

形成外科 18ハイドロキノン

話題の実力派美白コスメをトータルで 医療の現場で使われているハイドロキノン。

ハイドロキノンの美白効果は、 通常の美白成分のなんと100倍 ともいわれています。

そのハイドロキノンがもつ美白力はそのままに、 「熱や光に弱く酸化しやすい」という また 時シミが薄くなった感じが!(サプリの相乗効果も可能性有) なんと言っても ハイドロキノン 1.9%高濃度配合♪皮膚科医が処方するほど 美白効果が高いハイドロキノン を独自のナノテクノジーで 真皮浸透 ♪ ⇒ 皮膚科医も絶賛!シミ対策美白スキンケアb.glen そして (AHAよりもサリチル酸マクロゴールが良いらしい) 〜レーザー脱毛 〜こちらの活性型ビタミンD3の治療 ハイドロキノンの塗布も色素沈着に良いらしいですね。

一回毛孔性苔癬が出来て色素沈着になってしまった場合 シミ治療の選択肢には、トラネキサム酸とビタミンCの内服、ハイドロキノン、レチノイン酸の外用、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体イオン導入などがある。

肝斑の場合は、レーザーや光治療を行うと、皮膚に炎症を起こしやすい。

ハイドロキノンだとしても、なんと 肌にピターと密着し浸透!美白効果を発揮してくれます! ★ハイドロキノンが効くシミ★ ・紫外線によるシミ・そばかす ・女性特有のシミ「肝班(かんぱん)」 ・ニキビ跡、傷やヤケドの跡(炎症後色素沈着) これらのシミに全て効果あり
posted by ぬまた at 13:53| Comment(34) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。