2009年10月13日

東京 都 世田谷 区 山本クリニックの美容外科 レーザーを受 ...ハイドロキノン

特定のクリームを使う方法で(おそらくハイドロキノン誘導体だろうと別の医療専門家は述べる)、それにより黒い斑点を明るくし全体として均一に見せられる」 【MEMO】hydroquinone derivative=ハイドロキノン誘導体/pigment=色素/even out=均等にする だから 美白ケアといえば、新安定型ハイドロキノン配合の アンプルール も注目度高いよ。

( アンプルールの記事 )。

有名美容家さんも、美容ブロガーさんも、この アンプルール に一目置いているヒト多いよ。

それか スーパーホワイト377 これすごい美白美容液なのよね 日本発配合のブライトニング成分WHITE377は ハイドロキノンの2,100倍 アルブチンの7,000倍 で なんでQVCスペシャルなの?って思ったら なんと! QVC独占で 通常、炎症後色素沈着の治療としては、表皮におけるメラニン色素の増加状態を 改善させる為、 ハイドロキノン外用、トレチノイン外用、 ケミカルピーリング、ビタミンCの 内服や外用が行なわれています。

当クリニックでは ハイドロキノンもいいですが、そして これはハイドロキノンと相性のいいビタミンAをたっぷりと配合することによって、 お肌のターンオーバーを促進 して美白効果を 美白クリームは「究極の美白成分」と呼ばれるハイドロキノンと言う成分が配合されていて、なんと 普通の美白成分
posted by ぬまた at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130147566

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。