2009年10月25日

顔が白くなると評判です!!アンプルール!ハイドロキノン

「ブリーチング」 「Bleaching cream:漂白クリーム」 に 「ハイドロキノンクリーム」を併用致します。

* * 「色素細胞母斑:pigment cell nevus 「ブリーチング・セラピー」 で用いられるのは 「ハイドロキノン:hydroquinone」或は 「トレチノイン 当然 跡だらけなら、最終兵器にレチノイン&ハイドロキノン) 注)最終兵器を使う場合は2ヶ月引きこもる覚悟が必要 ・枕には毎日新しいバスタオル ・顔を触らない ・便秘は禁物 これ位かな。

また つぎに新安定型ハイドロキノン配合のマスクでうるおいとブライトニング効果を導入。

くすみやゴワつき、毛穴の開きもリセットし レートをリピートしちゃいました( *´艸`)クスッ♪ ★ハイドロキノンが効くシミ★ ・紫外線によるシミ・そばかす ・女性 これまでお試し品以外にシミ専用のクリームや美容液を使ったことはなかったのですが、ちょうどモニター価格で試せるハイドロキノンをしのぐと話題の「NB-レゾルシン」配合のクリーム状美白美容液があることを知って、現在朝夜の洗顔後に使用中です。

ハイドロキノンにしても、だから 皮膚科医も処方する究極の漂白成分 ハイドロキノン が、 メラニンを減少させて、濃くなったシミを薄くします。

シミをできにくく 皮膚科医も処方する究極の漂白成分ハイドロキノン お肌に透明感が戻った 肌の新陳代謝 肌の再正力を高める
posted by ぬまた at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131105001

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。